製品データ

金属ナノインク(導電性インク)の生産および供給 | 株式会社C-INK 

幅広い基板に対して細線印刷を実現する導電性インク

高温焼結が不要

当社独自のナノインクは必要最低限の乾燥で、従来のナノインクと同等の導電特性を発揮します。
120 ℃、一時間の乾燥条件で、DryCure Au-J は 50μΩcm、DryCure Ag-J は 40μΩcm の抵抗率を実現します。

室温で印刷した有機薄膜トランジスタ

室温で印刷した有機薄膜トランジスタ(NIMS 三成剛生博士との共同研究)

安定したインク状態の保持

 C-INKのナノインクは、長期保管時でも沈殿が生じません。未開封状態で4℃の冷蔵保管をしていただいたナノインクは、出荷日から6カ月、品質を保持することができます。
 空気(特に酸素)と接触した Ag インクは劣化してしまうため、C-INKではナノインク出荷時、酸素の侵入を防ぐアルミパウチ容器を使用しています。

安定したインク状態の保持
クラック発生リスクの低下

クラック発生リスクの低下

 C-INKナノインクは、不純物を可能な限り除いています。そのため、非常に高純度な金属薄膜を印刷形成することが可能です。印刷後の塗布膜の乾燥を適切に行っていただくことで、焼結後のクラックの発生を抑えることができます。

 
ナノインク,金属ナノインク,導電性インク,導電インク,メッキ下地,回路基板,電子部品,コーティング,インクジェット,印刷用

回路基板や電子部品の防水・防湿・マイグレーション防止に

OniCoat(オニコート)は、フッ素系絶縁保護コーティング剤です。
回路基板や電子部品の防水・防湿・マイグレーションの防止に、是非お試し下さい。